日本語日本文学科
コース紹介

日本語日本文学コース

国内外の視点で日本語と日本文化を研究し、表現者として発信する力を養う。国内外の視点で日本語と日本文化を研究し、表現者として発信する力を養う。

「日本語日本文学」「国際日本文化」の2領域から
発信力やコミュニケーション力を養う。

さまざまな角度から日本語を探究するとともに、古典から近現代まで幅広い時代の作家や作品を研究する「日本語日本文学領域」と、伝統文化からアニメやマンガなどのサブカルチャーまで世界に広がる日本文化を知り、国際的な視点から理解する「国際日本文化領域」で日本語と日本文化を研究します。多様な視点で日本文化を見ることで、幅広い分野でいかせる発信力やコミュニケーション力を身につけます。

卒業研究の主なテーマ

[日本語日本文化領域]

  • 『平家物語』における鵺と頼政の関係
  • 芥川龍之介『羅生門』論
    ~人間の本質と「羅生門」の世界~
  • 村上春樹『ノルウェイの森』論
  • スポーツにおける和製英語
  • 何故「やばい」は現代社会に広がっていったのか
    ~データからみる意味と特徴~

[国際日本文化領域]

  • ミュージカル『エリザベート』歌詞比較
    ~原詞対訳と日本語歌詞を比べて~
  • 映画における字幕と日本語吹き替えの比較
  • 日本の文化とその現実 ~建前と本音の意識調査~

書道コース

書の本質を究める実践指導で、古典の知と技を身につける。書の本質を究める実践指導で、古典の知と技を身につける。

書道展での優秀な成績を誇り、レベルの高い教育で書の本質を極める。
少人数の実践指導で、書の知と技を身につける。

書道展でも優秀な成績をあげるなど、レベルの高い書道教育で書の本質を学べる、全国でも数少ないコースです。1回生から書の基礎力を養成し、徹底した少人数制での実技指導など、きめ細かな指導で書を究めることができます。
また臨書から古典を見つめ、読み解き、自らの書の世界を確立するために培った集中力と独創性は、実社会にも役立つ優れた資産となります。

卒業研究の主なテーマ

卒業研究の集大成として漢字作品1点・かな作品1点の作品制作に取り組み、卒業制作展での発表と卒業制作集として発行されます。


[漢字作品]

  • 『西遊記』
  • 『杜甫の詩』~万葉集より花の詩~
  • 『古今和歌集』

[かな作品]

  • 『古今和歌集 恋の歌』
  • 『四季』
  • 『百人一首』

学生書道のグランプリ「全日本高校・大学生書道展」で優秀校を獲得。

学生書道のグランプリ「全日本高校・大学生書道展」で優秀校を獲得。学生書道のグランプリ「全日本高校・大学生書道展」で優秀校を獲得。

学生書道のグランプリ「全日本高校・大学生書道展」で優秀校を獲得。学生書道のグランプリ「全日本高校・大学生書道展」で優秀校を獲得。

学生書道のグランプリを選ぶ「第23回全日本高校・大学生書道展」(公益社団法人日本書芸院・読売新聞社主催)の入賞者が発表され、本学は団体賞の優秀校(大学の部)を獲得しました。
個人賞では、本学から最高賞の書道展大賞3点をはじめ、書道展賞に34点、優秀賞に18点が選ばれました。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 出願
  • 資料請求
  • オープンキャンパス