建築デザイン学科 カリキュラム

2021年4月開設

※経済学部、経営学部、工学部の開設に伴い、
現代ビジネス学部は、2021年4月から学生募集を停止します。

 

4年間の学習イメージ

  • 1回生1回生

    建築デザインの基礎を徹底的に

    建築デザインの学びの意味や概念を理解した上で、建築設計基礎、構造力学、建築デザインなどの基礎的な知識・技能を身につけ、デザインの楽しさや居住における基本的な設計条件を学ぶ、小規模住宅の設計などに取り組みます。また、データサイエンスなどAI時代に必要な能力も養います。後期から始まる「プロジェクトマネジメントⅠ」では、情報工学科および経済・経営学部との合同ゼミとして、それぞれの学科でこれまで学んだ知識をもちより、グループで地域課題などの一般的な課題に取り組みます。

  • 2回生2回生

    建築デザインの知識・技能を身につけ、より高度な設計に取り組む

    建築計画や構造、CADなどの専門的知識・技能を身につけ、周辺環境との関係性を意識した木造住宅の設計や、RC構造とプランニングの整合を学ぶための小規模共同住宅の設計など、より高度な設計演習に取り組みます。前期から始まる「建築プロジェクト演習」では、各年次に設定された建築分野の課題に対して、建築デザインの各分野の技術や知識を横断的に捉えて問題解決や提案に取り組みます。

  • 3回生3回生

    深く、幅広い知識や技能とともに、新たな価値の創造へ

    建築デザインにおけるより深く、幅広い知識や技能を身につけ、建築空間による新たな社会性の創出を考えた公共施設の設計など、より難易度の高い課題に取り組みます。マーケティングやプログラミングなどのクロスオーバー科目(他学部科目)も履修することにより、幅広い視野や知識の修得もめざします。

  • 4回生4回生

    4年間の集大成。自らのプロジェクト・研究の完成へ

    これまで学んできた知識・技能や、社会実践や幅広い学修から得た思考力や実践力を結集して、自らのプロジェクトや研究を完成させます。

    ※設計課題などの内容は予定であり、変更の可能性があります。

4年間の学習イメージ

PDFダウンロード(477KB)

国家試験等合格状況
TACHIBANA DISCOVERY(下層バナー)
2019年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 入試情報
  • 資料請求
  • オープンキャンパス