教員紹介

教授

石水喜夫

石水 喜夫

専門分野:

経済統計、経済政策 (キーワード:日本経済論、労働経済論、データサイエンス)

石水 喜夫

教授

専門分野:

経済統計、経済政策 (キーワード:日本経済論、労働経済論、データサイエンス)

石水喜夫

学生へのメッセージ

戦後日本社会と経済政策の歴史に重点をおいて経済学を講じています。社会的な「価値」は人々の意思と政治的な集約によって形づくられます。市場で形成される価値の超克を信じて日々教壇に立っています。

乾明紀

乾 明紀

専門分野:

キャリアデザイン論、探究学習論、シチズンシップ教育論

乾 明紀

教授

専門分野:

キャリアデザイン論、探究学習論、シチズンシップ教育論

乾明紀

学生へのメッセージ

変動性・曖昧性が高く、複雑性・不確実性が増す社会では、これまで以上に「キャリアデザイン」をする力が必要となります。
学生が「キャリアデザイン」に必要な知識・スキル等を獲得できるように支援しています。

岡田知弘

岡田 知弘

専門分野:

地域経済学、地域産業論、地域開発政策論、近現代日本経済史

岡田 知弘

教授

専門分野:

地域経済学、地域産業論、地域開発政策論、近現代日本経済史

岡田知弘

学生へのメッセージ

地域に入り学ぶことが大好きです。座右の銘は、「未来が其の胸中に在る者 之を青年と云う 過去が其の胸中に在る者 之を老年と云う」(土佐の自由民権活動家・植木枝盛のことば)。受験生・高校生のみなさん、未来に夢をもって学んでください。

金武創

金武 創

専門分野:

文化経済学、財政学

金武 創

教授

専門分野:

文化経済学、財政学

金武創

学生へのメッセージ

かけがえのなさに注目すれば、推しキャラに対する自分の感情や行動を客観的に見つめることもできる。スポーツや文化遺産、文化芸術について、コンテンツの盛衰の視点から考察する。ぜひ経済学部であなたの関心事を専門的に学んでみましょう。

阪本崇

阪本 崇

専門分野:

財政学、文化経済学、公共政策、教育経済学

阪本 崇

教授

専門分野:

財政学、文化経済学、公共政策、教育経済学

阪本崇

学生へのメッセージ

20世紀初頭のイギリスの経済学者ピグーは、経済学を学ぶことは、暗黒から光明を探し出し、あらゆる人々の生活を改善することだと言っています。経済学を学んで、よりよい社会を実現する仕組みを探し出してみませんか?

髙山一夫

髙山 一夫

専門分野:

医療経済論, 医療産業論, 非営利組織論

髙山 一夫

教授

専門分野:

医療経済論, 医療産業論, 非営利組織論

髙山一夫

学生へのメッセージ

高齢化・人口減少社会にあって、持続可能で質の高い医療制度をどうやって実現するか、経済学の知見を活かしつつ、一緒に考えてみませんか。

竹内直人

竹内 直人

専門分野:

公共経営学、行政学 (キーワード:自治体の組織・人事、自治体の公共政策)

竹内 直人

教授

専門分野:

公共経営学、行政学 (キーワード:自治体の組織・人事、自治体の公共政策)

竹内直人

学生へのメッセージ

日本社会は雇用や働き方改革、デジタル技術の実装化や大学のあり方が議論されるなど、大きな変化のなかにあります。これらの変化はそれぞれが密接につながっています。そのしくみを学ぶことはとても面白いことです。変化の現場に出かけて、一緒に学びましょう。

橋本昌浩

橋本 昌浩

専門分野:

診療情報管理論 医療管理論 (キーワード:診療情報管理)

橋本 昌浩

教授

専門分野:

診療情報管理論 医療管理論 (キーワード:診療情報管理)

橋本昌浩

学生へのメッセージ

経済学部の医療社会保障分野の診療情報管理を担当しています。
病院の事務職は、どんなイメージを持たれていますか。
受付される方のイメージでしょうか。
病院の事務は、一般のい企業と同じく企画・総務・経理などの業務を行っています。
その他に診療情報管理室という部署があり、病院のカルテの管理・情報の管理・活用を行っています。そのため、診療情報管理士の資格を取得し働いています。
当大学では、診療情報管理士の資格取得のサポートを行っています。
在学中に資格取得し、その後病院に就職しています。
病院の事務職で働くことに興味があれば当大学で経済学および診療情報管理士の資格を取得することを薦めます。
また、是非、オ-プンキャンパスにも来校ください。

矢口満

矢口 満

専門分野:

金融論、国際金融論 (キーワード:サステナブル・ファイナンス、国際通貨・金融)

矢口 満

教授

専門分野:

金融論、国際金融論 (キーワード:サステナブル・ファイナンス、国際通貨・金融)

矢口満

学生へのメッセージ

皆さんがきっと関心を持っている「おかね」が研究分野です。大学の教員になる前に、銀行で15年、証券会社で12年、研究所で4年も勤めていました。「おかね」のプロとして、どんな素朴な疑問も大歓迎ですよ。

吉川英治

吉川 英治

専門分野:

経済理論、経済思想史、公共政策

吉川 英治

教授

専門分野:

経済理論、経済思想史、公共政策

吉川英治

学生へのメッセージ

現代社会はいま未曽有の変化の真っ只中にあります。経済学はそうした現代を生きるための指針となる必須の教養です。これまでとはちがうオルタナティブな経済のあり方や生き方を探究しつつ、「たちばなの経済学」を一緒につくりませんか。

准教授

大畑貴裕

大畑 貴裕

専門分野:

日本経済史, 日本経済論, 経営史

大畑 貴裕

准教授

専門分野:

日本経済史, 日本経済論, 経営史

大畑貴裕

学生へのメッセージ

大学とは、これまでになかった経験ができる所です。勉学、アルバイト、部活動サークル、交流関係、それらは苦くもあるが楽しい出来事のはずです。入学したら、自律心の下で大いに満喫してほしいと思います。

小山大介

小山 大介

専門分野:

経済学, 政治学, 経営学, 経済政策 (キーワード:多国籍企業論、世界経済論、地域経済学、国際政治経済論、国際経済学)

小山 大介

准教授

専門分野:

経済学, 政治学, 経営学, 経済政策 (キーワード:多国籍企業論、世界経済論、地域経済学、国際政治経済論、国際経済学)

小山大介

学生へのメッセージ

大学は、皆さんの視野を広げ、未来を切り拓く場です。専門知識を身に付けるため、本を読み、海外へと積極的に歩み出すことができる貴重な時期です。是非ともチャレンジ精神と大学でも目標を持って、一歩先へと歩みを進めてください。

平賀緑

平賀 緑

専門分野:

食の政治経済学、食と資本主義の歴史

平賀 緑

准教授

専門分野:

食の政治経済学、食と資本主義の歴史

平賀緑

学生へのメッセージ

「おいしくない食べもの」の政治経済を研究しています。毎日口にする食べもの、私たちの生活、すべて経済のカラクリに組み込まれている。そこから経済システムを解き明かし、人も自然も壊さない経済を考えています。

福井弘幸

福井 弘幸

専門分野:

観光学, 都市ビジネス

福井 弘幸

准教授

専門分野:

観光学, 都市ビジネス

福井弘幸

学生へのメッセージ

卒業後、「橘の4年間があったから今がある!!」と思わせてもらえる先輩、同級生、教員が京都橘大学の資産です。記憶に残る黄金時間を一緒に過ごしましょう~。

牧和生

牧 和生

専門分野:

理論経済学、行動経済学、ホスピタリティ論 (キーワード:経済心理学、文化経済学、現代アニメ文化論、コンテンツツーリズム)

牧 和生

准教授

専門分野:

理論経済学、行動経済学、ホスピタリティ論 (キーワード:経済心理学、文化経済学、現代アニメ文化論、コンテンツツーリズム)

牧和生

学生へのメッセージ

経済学は日常生活にちょっとした気づきを与えてくれて、人生に彩りを添えてくれます。自由な発想で経済学という未知の森を一緒に探索し、自分だけの「宝物」に出会ってみませんか。

山岸達矢

山岸 達矢

専門分野:

公共政策学, 環境社会学, 地域社会学

山岸 達矢

准教授

専門分野:

公共政策学, 環境社会学, 地域社会学

山岸達矢

学生へのメッセージ

大学での学問を通じた学びは、持続可能な社会を自ら構想することを可能にします。大学内外で様々な挑戦をしながら、専門性の活かし方を探求し、手応えを感じられるようになってほしいです。

ランビーノパラガス

ランビーノ パラガス

専門分野:

国際政治経済学 (キーワード:人間の移動性、東南アジア経済、モダニティ)

ランビーノ パラガス

准教授

専門分野:

国際政治経済学 (キーワード:人間の移動性、東南アジア経済、モダニティ)

ランビーノパラガス

学生へのメッセージ

人生には、およそ3万日があります。リハーサルはなく、毎日は本番です。最大のリスクは、失敗することではなく、居心地が良すぎて無気力になることだと思います。未知の世界を拓いて冒険してみましょう。

講師

前田一馬

前田 一馬

専門分野:

観光地理学, 歴史地理学, 地域研究

前田 一馬

講師

専門分野:

観光地理学, 歴史地理学, 地域研究

前田一馬

学生へのメッセージ

通学やお出かけするとき、あるいは旅行するとき、ただ目的地をめざすのではなくて、周囲のまちなみや風景を観察してみてください。新たな気づきもあれば、さまざま疑問が湧いてくることもあるでしょう。小さな発見が地域研究のきっかけとなります。一緒にフィールドワークに出かけよう!