「教育を止めない」ために。今、私たちにできること。 ~#チームたちばなにエールを スペシャルムービー公開中!

 

 

 京都橘大学では、6月28日(月)より、新型コロナワクチンの職域接種を開始しました。

 

 接種対象者は、本学の学生・院生・学園教職員・関係業者および山科区の保育・教育職に従事される方、京都女子大学の学生・教職員(最大1,500人)、約7,000人としています。職域接種に際して、本学は看護学部・健康科学部に所属する医師・看護師教員がワクチン接種の打ち手となり、接種後観察で体調の悪くなった場合には、救急救命士の教員が救護にあたっています。また、接種オペレーション(受付、予診票チェック、予診・予診補助、接種・接種補助、接種後観察)は、本学の教職員、看護学部の卒業生、学生ボランティアを組織し「チームたちばな」で一丸となって取り組んでいます。

 

 接種にあたっては、「教育をとめないために」をスローガンに掲げながら、間違いのないオペレーションを実現するため、常に緊張感気をもった空気の中で気をりつめて取り組んできました一日最大1,000人規模で接種体制を整えた一方で、接種にあたる教職員は、授業をはじめとする日常業務をもちながらの対応でもあり、時には疲労や不安もありました。

 そんな時に、たくさんの方から心のこもった温かいエールメッセージをいただきました。


 会場に設置された「#チームたちばなにエールを」ボードには、500件以上のメッセージが集まっており、「チームたちばな」の大きな支えとなりました。

 ありがとうございました。

 

 ここに、ほんの一部ではありますが、「#チームたちばなにエールを」メッセージを集めたスペシャルムービーをご紹介します。

 

 7月26日(月)からは第2回目の接種が始まります。

 改めて皆さまからの温かいエールを賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 一日も早くキャンパスに笑顔が戻るために。



2021年度一覧へ

2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026