メディアメディア掲載

DV被害で男性からの相談急増に健康科学部心理学科の濱田智崇助教がコメント

 DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害相談が年々増加し、深刻化している。最近は、男性からの被害相談が急増している。約20年前から男性向けの電話相談窓口を開設している健康科学部心理学科の濱田智崇助教は「男性は長らく『強くあるべき』との固定観念に縛られてきた。しかし近年、女性の社会進出などで男性の立場も変わりつつある。男性が相談をしてもおかしくない時代になったという意識変化が急増の背景にある」と話した。

【2014年8月19日 読売新聞に掲載】

2014年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026