メディアメディア掲載

国内初、木製の蓋形埴輪の出土について文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授がコメント

 1月30日(土)、堺市文化財課は、堺市北区のニサンザイ古墳の濠から木製の蓋形(きぬがさがた)埴輪の一部が出土されたと発表した。木製の蓋形埴輪の出土は国内では初めて。これまでに多数の木片が出土しており、墳丘全体を囲うように並べられていた可能性があるという。蓋形埴輪は高貴な人物が眠っていることを表しているとされる。文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授は「ニサンザイ古墳は、埴輪を木製に材質転換したり、葺石を敷き詰めないことから、それまでの時代に築かれた古墳に比べ造営を簡略化している。当時の古墳の造営方法の変遷をうかがえる興味深い発見だ」と話している。

【2015年1月31日 朝日新聞、産経新聞・毎日新聞・読売新聞に掲載

2014年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026