メディアメディア掲載

京都マラソン開催前に応急処置を学ぶ講習会で救急救命コースの夏目美樹専任講師が指導

 安全で安心な京都マラソン大会をめざすため、2月14日(木)、みやこめっせ(京都市左京区)でランナーやボランティアが応急処置を学ぶ講習会が初めて開かれた。講習会では本学救急救命コースの夏目美樹専任講師がAEDの扱い方や正しい心肺蘇生法を指導し、参加した32人のランナーやボランティアが学んだ。

【2015年2月15日 京都新聞に掲載

2014年度一覧へ