メディアメディア掲載

「熊野再発見プロジェクト」で学生が那智勝浦を訪問し、同地域の課題や改善策を報告

 8月6日(土)から8月8日(月)まで、本学学生48人が那智勝浦町を訪問し、グループに分かれて同地域の観光資源を巡り、最終日に報告会が行われた。報告会では、同町の観光産業会や観光協会、宿泊施設関係者など約15人が参加し、グループごとにテーマや訪問先に沿った課題や改善策など具体的な提案を行った。本学地域連携センター長の現代ビジネス学部の木下達文教授は、「学生と皆さんとのネットワークが那智勝浦町を変えていく原動力になっていくのではないかと思う。活動を継続したい」と語った。

【2016年8月9日 紀南新聞、8月10日 日刊熊野新聞に掲載

2016年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026