メディアメディア掲載

年齢の受け止め方について健康科学部心理学科のジェイムス朋子准教授がコメント

 リビング京都が自分の年齢についてモヤモヤしていることを各年代にアンケートを取り、気持ちを調査。各年代の自分の年齢の受け止め方について健康科学部心理学科のジェイムス朋子准教授が取材を受けた。ジェイムス准教授は「今は人生が多様化し、昔ながらの年齢イメージだけでは『生き方』が見えない時代。各年代特有に感じる葛藤は、私たちの心の成長を助け、年齢を経る喜びを教えてくれる」とコメントした。

【2017年3月18日 リビング京都に掲載】

2016年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026