メディアメディア掲載

男性のセクハラについて健康科学部心理学科の濱田智崇准教授がコメント

 健康科学部心理学科の濱田智崇准教授が朝日新聞の取材を受け、セクハラをしない男性になるための話をした。濱田准教授は臨床心理士で、現在、男性専用の「『男』の悩みのホットライン」の代表、相談員も務める。
 「なぜ男性はセクハラの悪質性に気づかないのか」との問いに、男性は強い者として相手をコントロールできることが優秀という価値観があり、相手を思いやる価値づけがされていないという。どうすればセクハラをしない男性になれるのかは難しいが、確実に言えることは人の話を聞くこと。周囲の話に耳を傾け、異なる価値観を尊重した上で、自分の気持ちや内面と向け合えたら、必ず変われると話した。

【2018年5月22日 朝日新聞に掲載】

2018年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026