メディアメディア掲載

中日新聞「どうなる?消費増税」について健康科学部心理学科の永野光朗教授がコメント

 2019年10月1日より消費税増税が10%に引き上げられ、軽減税率の導入で価格表示の混乱が懸念されている。同じ商品でも、持ち帰りと店内での飲食では税率が違う。表示は、税込みの「総額表示」を義務づけられているが、一定期間は税抜き表示も認められ、店の対応で表示がかわる。消費者心理に詳しい本学健康科学部心理学科の永野光朗教授は「テイクアウトと店内飲食で異なる価格を表示した場合、標準税率の店内飲食は損との印象を与えかねない。高いと思わせないために税額を明記しなかったり、テイクアウト料金を目立たせたりする可能性もある。消費者が仕組みを理解し、選択することが大切」と話した。

【2019年8月15日 中日新聞に掲載】

2019年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026