メディアメディア掲載

仁徳天皇陵古墳で発掘された円筒埴輪について文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授がコメント

 仁徳天皇陵古墳の堤部分で発掘された円筒埴輪が、宮内庁と堺市が実施した調査で、複数の規格によって製造された可能性があることが分かった。研究者の間では、統一規格で大量生産されたと考えられてきたが、実際には品質にばらつきがあった。専門家の間でも「質よりスピードを重視したか」など意見がわかれるが、文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授は「できの良い埴輪は墳丘に設置したため、堤部分の埴輪の質にばらつきが出たのではないか」とコメントしている。

【2020年5月3日 読売新聞に掲載】


2020年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026