ニュース

京都市および醍醐中山団地町内連合会と地域活性化に向けた画期的な連携協定を締結

本学は、京都市、醍醐中山団地町内連合会と地域活性化に寄与する取り組みを目的とした連携協定を結びました。10月30日(木)に京都市役所にて、京都市の門川大作市長、醍醐中山団地町内連合会の温井嘉治会長、本学の細川涼一学長が出席し、協定締結式を開催しました。

  • sikiten.jpg
  • syokujyu.JPG

この取り組みでは、本学が京都市より、京都市醍醐中山市営団地(伏見区)の第11棟1階部分を無償で借り受け、「京都橘大学地域連携センター」の分室を開設します。本学では、このセンター分室を活動拠点として、学生や教員が住民の人達との交流や地域貢献活動を行い、地域コミュニティの活性化に取り組みます。また、留学生を含む最大9人の学生がルームシェア形式で居住し、住民として団地の行事などにも積極的に参加します。
 このような大学が市営住宅の空き住戸を活用し、そこに学生が居住して、住民との協働により団地の活性化に取り組む事業は、全国初の取り組みです。
 本事業は、2015年4月から本格的にスタートします。当面の活動として、これまでに活動実績のある児童教育学科の学生が組織する「げんKids★応援隊」による子どもたちを対象とした企画や、看護学部と健康科学部の教員と学生が協力して行う高齢者を対象とする「たちばな健康相談in醍醐中山団地」を行う予定です。

  • sikiten.jpg

    地域連携センター分室完成予想図

  • syokujyu.JPG

    地域連携センター分室オフィス(イメージ)

2014年度一覧へ