NEWS

新しい学びの交流拠点「mican」のオープニングセレモニーとワークショップを開催

211001-1.jpg 9月26日(日)、旧管理・特別教室棟がリニューアルされ新しい学びの交流拠点「mican」が誕生し、オープニングセレモニーとワークショップを開催しました。

 micanは、「永遠に完成しない建物」というキーコンセプトのもと、未完・I can・ 蜜柑・未来の館...などさまざまな意味を持っています。学生たちが自由に学び多様な交流を生み出すこと、時代にあわせて学生自身の手で成長発展させていってほしいという願いが込められています。micanのシンボルとなるラーニングスペース「UICK<ウイック>」は、無印良品と建築を学ぶ学生との協働で立ち上がったワークショップ『みんなでつくる仮設建築~学生がうみだす、新しい学びのコミュニティ』により誕生しました。

 当日のオープニングセレモニーでは、無印良品の皆さんにもお越しいただき、完成を祝うテープカットや活動内容の紹介、スペシャルムービーの上映が行われました。学生たちが約4カ月にわたるワークショップでアイデアをカタチにした3つの仮設建築「移動式マルシェ つなげる屋台」「ブックチェア」「変形はしご掲示板」も初お披露目されました。UICKのギャラリースペースには学生たちのプロデュースにより、3つの仮設建築や、これまでの活動を紹介するパネルなどが展示されています。学生たちがあったら良いと思うモノや空間のアイデア、活用されることで新たなつながりを生み出す仕掛けが盛り込まれています。

 また同日、オープンを記念し「mican」に飾るウエルカムボードづくりのワークショップも開催されました。ウエルカムボードは、かまぼこ板サイズの杉木を張り合わせて1枚のボードをつくり、書道部の学生が書にて「mican」と名入れをしました。杉木の裏には参加者それぞれの夢や挑戦したい事が書かれており、受験生や学生、教職員ら約100人もの方々の想いが込められた特別なボードが完成しました。


 学生たちにとって生涯の宝となるような出会いや経験がこの空間から生み出されることでしょう。

211001-2.jpg 211001-3.jpg 211001-4.jpg


211001-5.jpg 211001-6.jpg 211001-7.jpg


2021年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026