NEWS

都市環境デザイン学科建築・インテリアコースで卒業研究オープンジュリー(公開審査会)を開催

プレゼン2.jpg プレゼン.jpg 作品展示.jpg

 1月18日(火)、現代ビジネス学部都市環境デザイン学科建築・インテリアコース(現:工学部建築デザイン学科)において、卒業研究のオープンジュリー(公開審査会)が行われました。これは、卒業制作・論文のなかから選抜された優秀な作品を、学生が教員や在学生の前で発表するものです。学生ならではの感性とアイデアが織り込まれ、一人ひとりの個性が光る作品12点・論文3点が並びました。
 オープンジュリーでは、選抜された15人の学生が、作品・論文について制作背景や課題を説明し、作品のコンセプトと目的、敷地計画や空間計画、自身の作品に込めた思い、研究し考察した結果をプレゼンテーションしました。審査員である教員らは、作品の構想や図面、模型を細部まで審査し、質問や指摘、感想や改善点などを述べ評価を行いました。

審査会の結果、優秀作品3点と学生の投票で選ばれた作品1点が選出されました。
受賞したのは、下記の学生3人です。

最優秀賞 一瀬 颯さん
優秀賞  吉田 雅登さん
優秀賞  西方 優香さん
学生賞  一瀬 颯さん

一瀬くん作品.jpg

最優秀賞・学生賞 一瀬 颯さん
「紡ぐ橋 ―交差点を通り過ぎる場所から
 滞在する場所へ―」

吉田くん作品.jpg

優秀賞 吉田 雅登さん
「死と生のノード―土倉と呼応する
 フォリーの提案ー」

西方さん作品.jpg

優秀賞 西方 優香さん
「食でつながる集合住宅」


 審査を終えた松本正富教授は、「オープンジュリーは建築デザインを学ぶ学生の集大成となる場です。エネルギッシュな作品発表に対しての活発な論議は、発表者のみならず後輩を含む学科学生みんなの刺激となり、創造的意欲を高める良い機会となりました」と語っていました。
 オープンジェリーで発表された作品は、mican 2101教室にて展示されています。





2021年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026