メディアメディア掲載

文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授が『考古学の研究法』を出版

 文学部歴史遺産学科の一瀬和夫教授が遺跡や遺物の調査や復元方法など、さまざまな手法を紹介した本を出版した。学生や考古学に関心を持つすべての人のための参考書にもなっている。実際の遺跡の探査、測量など、自身の経験も盛り込まれている。最終章では、考古学が現代社会とどう関わるかという問題を扱い、古墳の復元整備や考古資料の公開・展示のあり方について自らの考えをまとめた。

【2014年3月14日 毎日新聞に掲載】

2013年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026