メディアメディア掲載

高松塚壁画を古墳に戻さないことについて猪熊兼勝本学名誉教授がコメント

 3月27日、文化庁は、奈良県明日香村の高松塚古墳壁画を修復後は古墳に戻さず、古墳外で保存、公開することを発表した。遺跡は現地保存が原則だが、カビなどを抑制する技術の確立が見込めず、劣化した石材を石室の形に組み立て直すことも難しいとされる。そのことを受けて、猪熊兼勝本学名誉教授は、「残念としか言いようがない。高松塚古墳壁画の価値は本来、墳丘の中にある本物を目にすることで感じられる。生きた文化財とは何かという視点で保存方法を考える必要がある。墳丘に戻せなくても、高松塚古墳のすぐそばに石室を再現して壁画を展示すべきだ」とコメントした。

【2014年3月28日 京都新聞に掲載】

2013年度一覧へ

国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026