公正研究・研究倫理に関する取り組み

公正研究の取り組み

京都橘大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日文部科学大臣決定、2021年2月1日改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年8月26日文部科学大臣決定)等に基づき、本学における公的研究費の適正な運営・管理のあり方や研究活動の公正な実施に関し検討を行い、下記の諸規程を定め、取り組みを進めております。
また、上記ガイドラインに基づき、「研究活動に係る不正行為の防止および対応等推進委員会」では、公正な研究活動の推進のため、実効ある具体的な取り組みとして「京都橘大学における研究不正防止計画」を制定しています。
さらに、本学の学問研究が適正に行われ、社会の信頼に応えられるよう、本学の研究者および事務職員等が不断に自覚し遵守する規範として、「京都橘大学研究活動における倫理指針」も制定しています。

研究倫理に関する取り組み

京都橘大学では、学術研究に関わるすべての研究者等に対し、常に良心に従って研究活動を遂行できるよう、研究倫理指針や規程を制定し、研究倫理研修の受講を義務づけるなど、研究活動に関する倫理意識の向上に取り組んでいます。

国家試験等合格状況
TACHIBANA DISCOVERY(下層バナー)
2019年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 入試情報
  • 資料請求
  • オープンキャンパス